実地での相撲の楽しみ方は、迫力のある力士同士の取組だけではありません。実地ならではの楽しみ方としてグッズを購入することができるという点もあります。お土産にすることもできるし、実地で相撲を観戦したという記念にグッズを購入することもできます。

テレビで観戦しているだけだと、実地で販売されているグッズを購入することができないので、グッズ購入は実地ならではの楽しみ方ということになります。例えばどんなものが売っているのかというと、手ぬぐいでいったものやお出かけセットというステンレスボトルとトートバックがセットになっているグッズもあります。

特に注目したいのは数量限定で販売されるグッズで、数量限定なので逃すと手に入れることが困難になるので、記念としてぜひ手に入れたいグッズとしてあげられます。先着100名とあまり数は多いとは言えないので、手に入れるのはなかなか難しいです。

また、ひよの山といったような相撲協会の相撲キャラクターのグッズも忘れてはいけません。キーホルダーや文具セット、お菓子といった相撲キャラクターのグッズがあり、これらのグッズも相撲を観戦したということが分かるように持っておくのも良いでしょう。

これらのグッズですが、日付によって販売しているものが変わるということも考えられます。また、本場所の開催月によっても販売しているものが変わるので注意が必要です。さらに、開催場所によって販売しているものが変わると思いますので注意しましょう。

どんなグッズが売っているのかというのは、相撲協会の公式サイトで確認することができます。事前にどんなグッズがあるのか確認しておいて、実地にいった時に目当てのものを探すという楽しみ方も相撲の楽しみ方の一つとなります。

実地で楽しみ方としては有名な力士や元力士との撮影というものも挙げられます。過去の横綱との撮影ができるので撮影できれば良い記念となります。ただ、この撮影も無料で行えるというわけではなく、有料での撮影となるので注意しましょう。

価格は38000円という価格設定となっていて、割と高い価格設定となっています。また撮影につきましては実際の相撲を観戦している時に撮影するという場合はお金はかかりません。ただし、観戦席によっては撮影禁止となっていることもありますので、撮影をしてもいいのかよく確認してから撮影する必要があります。

また、特に撮影する時の細かいルールが決まっているのかわかりませんが、撮影する場合には周りの人に迷惑にならないように注意しないといけません。例えば通路で撮影するとか、商業目的で撮影するといったことは禁止されているので、このような行為はしないようにしましょう。

撮影するには当然自分でカメラを持ち込む必要がありますので、撮影をするのであれば自前でカメラも用意しておきましょう。相撲の楽しみ方としては取組だけではなく撮影やグッズの楽しみ方の一つです。

実地で相撲を観戦するのであればぜひ撮影やグッズの購入も検討してみてください。