歴史が長く国技ともいわれている相撲は最近流行しており、趣味として楽しんでいる人も多いです。趣味とするのであればその歴史について知っておいても損は有りません。

相撲は力比べや取っ組み合いから発生したスポーツとなっています。古来よりその相撲に似た形態は日本だけではなく成果各地で行われていて幅広く行われていたようです。1500年以上続いているスポーツで観戦や実際に取り組むことで生きた江戸を体感することもできます。

相撲は鎌倉時代や江戸時代といった昔から行われていて、様々な目的として行われていました。スポーツとしてではなく武士の訓練としても行われていたこともありました。他にもスポーツ以外に農作物の収穫を占う祭りの儀式としても執り行われていたことがあるようです。

あの有名は織田信長も相撲を愛好していて、力士を集めて上覧相撲を催したこともあります。この上覧相撲で勝ち抜いた力士を家臣として召し抱えたという歴史もあります。

現在も相撲はスポーツとしてだけではなく、祭りで行われることもあるし厄払いとして行われることもあります。古来より行われてきた形態が今でも続いているということが分かります。楽しみ方の一つとして競技としての相撲だけではなく、祭りの相撲を趣味として楽しむこともできます。

現在の力士のように相撲を職業にする人が現れたのは江戸時代と言われていて、江戸時代の力自慢の人や浪人といった人がこの職業に就いていました。この職業の人は、募金などを目的として興行相撲として行っていたという歴史もあります。この興行相撲は全国各地で定期的に行われるようになっていました。

この時代の定期的に行われていた興行相撲が次第に人気となっていき、現在の相撲の基礎が確立されることとなりました。当時も人気の力士がおり、その人気の力士も相撲の人気を集める理由となっています。

当時の相撲は歌舞伎と並んで大きな娯楽となっていて、庶民の人でも楽しめるものとなっていました。現在の相撲は昔からある相撲がルール化されて、より洗練されたスポーツとなっています。日本の国技として一般の人でも楽しむことができるようになっています。

ルール化されて洗練されたといっても現在の相撲の土俵入りや番付表、化粧廻しといった江戸時代のものが現在も残っています。日本の人なら馴染み深い髷や着物といったものも江戸時代から変わらぬ物が残っています。

相撲を楽しむのであれば実際の取り組みももちろんのこと、土俵入りや番付表といった昔から残っている伝統的なものにも注目してみましょう。こういった伝統的なものを見るのも相撲を楽しむための一つです。

相撲は最近テレビでも見ることができますが、実際に自分の目で見た方が迫力もありますし伝統的な文化も感じやすいです。相撲を趣味や娯楽にするのであれば、最終的には自分の目で見て楽しんでみてはどうでしょうか。

何時も取り行われているわけではありませんが、日程を確認して時間が取れる時に実際に自分で見てみてください。