相撲博物館という観光スポットがあり、相撲を実地で観戦したつい手に入館することができます。テレビで相撲を観戦した場合はこの博物館には入ることができないので、実地で観戦することならではの楽しみ方の一つとなります。

この相撲博物館は東京都にあって国技館に併設されています。国技館と相撲博物館はそれぞれ別の建物と勘違いしてしまう人もいるようなので注意してください。最初に紹介した通り国技館に併設されているので、国技館で開催された本場所を観戦するついでに博物館を見学することができます。

注意点としましては、国技館で本場所が開催されている期間中は、相撲を観戦しないと博物館には入ることはできません。また、これも勘違いする人も中にはいるようですが、本場所が開催されていない時には博物館に入れないと思っている人もいるかもしれませんがそうではありません。

本場所が国技館で行われていない場合も相撲博物館には入場することができます。実質相撲博物館への入館は無料なので、本場所を観戦するおまけに入館するのもよし、本場所が開催されていない時に無料で入館するのも良しです。

この相撲博物館に展示されているものは、相撲の錦絵とか力士の写真や江戸時代の番付、化粧まわしが展示されています。他にも相撲に関する資料も展示されていますので、今までの相撲の歴史を感じることも可能です。

相撲博物館の展示物は期間によって展示物か変わります。年6回展示物を変えているので、すべてを見るためには何回か見に行く必要があります。相撲博物館の展示物のスケジュールは相撲協会の公式サイトで確認することができます。

一度通った場合は、同じものが展示されている時に行かないように、どんなものが展示されているのかよく確認してから相撲博物館にいくようにしましょう。

他に注意点としましてはこの相撲博物館は毎日開館しているというわけではなく、休館日もありますので注意が必要です。せっかく実地に行ったのに休館だったということがないようによく確認しておきましょう。

相撲博物館は土曜日と日曜日、祝日、年末年始は休館となっています。また展示物を変更するために休館になる場合もありますので注意しましょう。また、本場所が国技館で行われている場合はこの相撲博物館は毎日開館しています。

開館時間もあって、これは10時から16時30分まで、入場するならば16時までに入場している必要があります。開館時間と開館日には十分注意しましょう。本場所が開催されている間ならば、平日に時間が取れないという人も、日曜に本場所の初日を観戦して相撲博物館も入館してみるということができます。

すでに紹介している通りですが、相撲博物館は国技館に併設されています。本場所が東京でないと、本場所の観戦のついでに相撲博物館に入館するということができないので、注意しましょう。

相撲博物館は相撲が好きな人には人気の場所になっています。初心者の人も東京で行われる本場所を観戦しにいくのであればぜひ相撲博物館も見学して、相撲の歴史を体感してみましょう。